アズワン [4-588-13] 1台 グリーン RoHS対応天板付作業台 c582dlwaf62055-その他

アズワン [4-588-13] 1台 グリーン RoHS対応天板付作業台 c582dlwaf62055-その他

スポンサーリンク

アズワン AS ONE 研究用総合機器2019・サンクアスト2019掲載商品

実験室設備>実験台>J4作業台

●本体は角パイプ(構造用鋼管)を使用しているため、非常に堅牢でホコリが溜まりにくいです。
●本体は粉体塗装のため、傷が付き難く、酸・アルカリ性への耐薬性に優れており汚れにも強いです。
●フタル酸系4物質を含むRoHS規制10物質に対応しています。


製品仕様
  • ●型番:TKS-157FE
  • ●サイズ(mm):1500×750×740~940
  • ●色:グリーン
  • ●天板材質:フロアリューム天板(天板厚み21mm)
アズワン RoHS対応天板付作業台 グリーン 1台 [4-588-13]
中断期間のつぶやき

STAHLWILLE(スタビレー) 54/8/4KN (1/2SQ)インヘックスソケットレンチ (96031501)(代引不可)【送料無料】

とりあえず平静を装い、いつも通りに…。 鉄道新聞によると、東海道新幹線の新型N700Sの量産車がお披露目されたようです。 既に試験走行をしている確認試験車との違いはごくわずかみたいですね。 運転室窓上にあったフックが無くなった スカート形状が変わった N700Sロゴの色が僅かに濃くなった 最初のものは、きっと清掃用のフックですよ…ね? これが1番分かりそう。 スカートの形状…ドコが違うのか…。 そもそも確認試験車は、走行試験が終わった後は…どうするんだったかしら…。 (営業運転には使わない…という方向だったような…。) 夏にはN700Sは実際に営業に使われる...
0
ユニカ 吸塵ドリルQビット(クロス) 六角軸 32.0×490mm
観戦の感想-2020
終わってみれば、3失点。 キツいです。 そして、今日もノーゴール。 キツいです。 世の中的にはもう1日お休みがあるのですが…。 どよよんとした気持ちで過ごさねばなりませんか…。 でも、まぁ…何というか。 新しいことにチャレンジしているんだな…ということは分かりました。 縦に速さを求めていることも、そしてそれをやろうとしていることも分かりました。 ハイプレスは、ザーゴがやろうとしていること…なんですよね? この試合だけ…じゃないですよね? 縦の速さを求めるなら、確かにハイプレスで高い場所で奪ってから…というカタチが速いと思います。 まさに、鹿島がやられたカタチですけど&#...
試合ですよ
どうやら春一番が吹いたらしいです。 もの凄い風でした。 身体が持っていかれるくらいの風でした。 そのおかげなのか…花粉が激しく飛んでいます。 目が…💧 しかし春一番と聞くと、「🎵もーすぐ、はーるですねぇ」と歌いたくなります。 (あとで聴こっと。) 私くらいの世代の方にしか、分からないかもですが。 ちなみに私は、断然スーちゃん派です。 春が近いのは嬉しいですが、花粉は…💧 受難の季節です。 そして…。 2/22ということで、猫の日でした。 でも、まったく猫に触れることもなく…。 私は岩国や鹿島に住んでいた頃、どこからとも...
シーズン中のつぶやき
昨日、ブログのプログラム群のアップデートが…なんて書いたばかりですが。 今日も、早速いくつかアップデートがありました。 アップデートを遅らせて、土日で作業しようか…とも思いましたが、土日はやることがありますし、試合も観ねばなりません。 仕方なく、アップデートを敢行。 ちょっと苦労しました💦 実はこのブログ、今日のアップデートで、見た目…というより表示方法が少し変わったところがあります。 PCだけでその現象は発生しますが、一瞬のことなので気づかないと思います。 とにかく少し落ち着いて欲しいです。 なかなか大変なので…。 ということで、ブログを書く時間があまりとれ...
0
サンコーインダストリー 両丸キー 姫野精工所製 14X9X55【smtb-s】サンコーインダストリー 片丸キー セイキ製作所製 10X8X90【smtb-s】サンコーインダストリー 両丸キー セイキ製作所製 12X8X135【smtb-s】サンコーインダストリー 片丸キー セイキ製作所製 7X7X48【smtb-s】
観戦の感想-2020

サンコーインダストリー 両角キー セイキ製作所製 12X8X75【smtb-s】

うーん…。 やっぱり負けるとツラいですよ💧 どんな試合であっても、負けるのはツラいですし、嫌です。 新しいことを始めたばかりだから…というのは理解します。 我慢が必要なんだと思います。 ただ…。 それを理由にして良いとは思いません。 何時如何なる時も、敗北はいかんです。 だから、そういうコメントは…正直聞きたくないです。 選手達からも監督からも。 それを理由にしてしまうと、じゃあいつまで…ということになってしまいます。 新しいことをやりながらも、勝ち点は拾っていかなきゃいけないと思います。 今回はルヴァン杯のグループステージですから、この敗北が致命傷には...
スポンサーリンク